ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 役員退職金は意味があるのか? | トップページ | 給与でもらうのと退職金でもらうのとどちらが得なの? »

2009年3月30日 (月)

役員退職金はいくらもらえるのか?

では、そもそも理事長・理事は退職金をいくらもらうことができるのでしょうか。一般的には以下のような計算式で計算されることが多いようです。

役員退職金=退職時の役員報酬月額×役員在任年数×功績倍率

*功績倍率は理事長は3倍、理事は2倍くらいで考えるといいでしょう。

例えば40歳で理事長に就任、65歳で退職された理事長の場合、最終報酬月額が200万円だった場合には以下のような計算式になります。

200万円×25年×3倍=15,000万円

一度ご自分の計画を考えられて、計算をしてみてはいかがでしょうか。

退職金でもらうのと、給与でもらうのとどちらがメリットがあるのか・・・

これは次回にいたします。

|

« 役員退職金は意味があるのか? | トップページ | 給与でもらうのと退職金でもらうのとどちらが得なの? »

医療法人」カテゴリの記事

開業医の退職金」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/28874567

この記事へのトラックバック一覧です: 役員退職金はいくらもらえるのか?:

« 役員退職金は意味があるのか? | トップページ | 給与でもらうのと退職金でもらうのとどちらが得なの? »