ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 個人開業の先生の退職金制度 | トップページ | MS法人セミナー開催の予告 »

2009年7月13日 (月)

本番共有力を磨く

ご縁があり、セミナーに参加してきました。

講師は鶴岡秀子さん(ザ・レジェンド・ホテルズ&トラスト株式会社  代表取締役CEO) 

鶴岡さんはこんな方です。

大学卒業後、大手流通業に入社し1年間の店勤務を経験。その際に、一人で20人分の売上を達成し、同社の経営企画・人事企画に異動となる。
その後、外資系大手コンサルティングファームで、多くの企業のコンサルティングを行う。
2000年2月株式会社サイバーブレインズを立ち上げ2004年9月に役員を退くまでの間、営業・提携・IR・広報をメインに活動を行う。
コンサルティング会社経営を経て、2006年3月より、念願のホテル経営に至る。

このご経歴を見ると、どんなにバリバリの方なんだろう・・・

と思いますが、本当にお人柄のよい、きさくで純粋な方でした。

勉強になることがたくさんありましたが、その中で「本番共有力」という言葉に強くひかれました。

新人時代に人の20倍洋服を売られたのですが、その秘訣が「本番共有力」=接する技術なのです。

鶴岡さんはお客様の本番はあとからやってくると言われます。

販売するほうは売り場が本番ですが、お客様は買われた後にその洋服を着られる時が本番です。お子さまの入学式や卒業式、同窓会のパーティ、家族旅行など洋服を着られたその時のイメージを共有できれば洋服は勝手に売れていったとのこと。

そのためにはまずお客様を好きになること、会話のキャッチボールをすることが大事とのこと。自分を好きになってくれた人を嫌いにはなれないですね。

このお話を聞いて、医療の現場でも同じことがいえるのではないかと感じました。

患者さんにとっての本番は病気が治って楽しく過ごしているとき、と考えることもできるのではないでしょうか。

|

« 個人開業の先生の退職金制度 | トップページ | MS法人セミナー開催の予告 »

医業経営サポート」カテゴリの記事

医院開業」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/30524435

この記事へのトラックバック一覧です: 本番共有力を磨く:

« 個人開業の先生の退職金制度 | トップページ | MS法人セミナー開催の予告 »