ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« クリニックのアンケート調査 | トップページ | 医療法人健全経営のための資産保全・運用セミナー »

2009年12月 8日 (火)

マンション購入は現金、ローンどちらが得?

医業経営が順調に推移し、金融資産が貯まってくると。

マンションなどの購入を検討されるケースが出てきます。

先日、クライアントの先生からご相談をいただきました。

現金で購入するのと、ローンで購入するのとどちらがよいか?

現金で購入することもできるのですが、ローンで購入すると住宅ローンの税額控除が使えます。(細かい条件がありますので注意してください。)

単純な損得で考えると現金で購入したほうが得ですね。

住宅ローン控除の控除率はローン残高の1%です。

主要銀行の住宅ローンの利率は固定金利でで期間によって3%~5%くらい、変動金利で2.475%となっています。1%の控除より、金利のほうがはるかに高いですね。

もちろん、ライフプランに支障が出る場合などは、現金とローンを併行して活用することはいうまでもありませんね。

|

« クリニックのアンケート調査 | トップページ | 医療法人健全経営のための資産保全・運用セミナー »

医業経営サポート」カテゴリの記事

資産運用」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/32532133

この記事へのトラックバック一覧です: マンション購入は現金、ローンどちらが得?:

« クリニックのアンケート調査 | トップページ | 医療法人健全経営のための資産保全・運用セミナー »