ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 最大のポイントはキャッチフレーズと集患の仕組づくり② | トップページ | お金を残すための3つのポイント »

2010年3月31日 (水)

最大のポイントはキャッチフレーズと集患の仕組づくり③

作ったキャッチフレーズをどのように患者さんにお伝えするのか。

きちんと考えなくてはいけませんね。

まずは現在来院いただいている患者さんにお伝えすることです。

院内に掲示をして、自院の特徴をきちんとわかってもらいましょう。

患者さんを通じて、ご家族や知り合いの方々に口コミが広がる可能性が高くなります。

患者さんは案外、自分の病気以外について自院のことを理解してくれていません。

院内掲示を見て、

そういえば家のお母さんも診てもらうといいかもしれない・・・

友達に教えてあげようかな・・・

など、感じていただけるといいですね。

また紹介をしてもらう時に、渡すだけで説明がいらないモノがあるといいですね。

キャッチフレーズなどをきちんと説明したカードを作り、患者さんにお渡ししましょう。(小さすぎると情報量が少なくなってしまいます。大きさには工夫が必要です。)

HPの活用も大事です。

HPにキャッチフレーズや特徴などをきちんと掲載していきましょう。

患者さんに検索してもらえるよう、キーワードを工夫して入れます。

ビジネスの世界では、ブログやツイッターを活用される方が増えています。

余裕があればこれらのツールも活用するといいかもしれませんね。

|

« 最大のポイントはキャッチフレーズと集患の仕組づくり② | トップページ | お金を残すための3つのポイント »

医業経営サポート」カテゴリの記事

医院開業」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/34013419

この記事へのトラックバック一覧です: 最大のポイントはキャッチフレーズと集患の仕組づくり③:

« 最大のポイントはキャッチフレーズと集患の仕組づくり② | トップページ | お金を残すための3つのポイント »