ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 自由診療実践パーフェクトセミナー | トップページ | Twitterは医業経営に役立つのか? »

2010年5月 3日 (月)

医療法人のクリニック移転は簡単か?

医療法人のクリニックを移転したいが、どうすればいいんでしょう?

とご相談をいただきました。

理事長先生は簡単に手続きができると考えておられたのですが・・・

結構手間がかかります。

個人クリニックを医療法人開設に変更するのに近い感じだと考えるとよいでしょう。

移転のためには、まず定款変更が必要です。

移転先の場所に医療施設の場所を変更しなくてはなりません。

定款変更のための社員総会(理事会)の議事録、開設しようとする施設の概要(平面図、賃貸契約書など)、2年間の事業計画などの書類も必要です。

不動産の登記簿謄本など、公的書類も準備する必要があります。(詳細は各行政のHPなどでご確認ください。)

定款変更が認められると、登記をします。

この後に、、新クリニックの開設許可申請を行います。

許可がおりたら、現クリニックの廃止、新クリニックの開設届を行うのです。

新たに保険医療機関医療機関指定申請なども行う必要があります。

また、これにあわせて新クリニックの不動産賃貸契約や設計施工なども行わなければなりません。

間を空けずに診療を行うには、スケジュールをきちんと組んで綿密に行動する必要があります。また、手続きのミスも絶対避けなければなりません。

まずは、新クリニックの設計図を保健所(または行政)に確認してもらいましょう。

また細かい手続きの内容を行政と打ち合わせしながら動かれることをお薦めします。

|

« 自由診療実践パーフェクトセミナー | トップページ | Twitterは医業経営に役立つのか? »

医療法人」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/34497772

この記事へのトラックバック一覧です: 医療法人のクリニック移転は簡単か?:

« 自由診療実践パーフェクトセミナー | トップページ | Twitterは医業経営に役立つのか? »