ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医療法人の理事である母親に理事報酬をいくら支払えばよいでしょう? | トップページ | 医業経営研鑽会のHP・ブログができました。ご覧ください。 »

2010年5月17日 (月)

医療法人の本院移転は簡単にできるのでしょうか?

医療法人の理事長先生からのご相談です。

現在、賃貸でクリニックを開院されています。.

現在の場所から移転をされる予定とのこと。

移転は簡単にできるのかな?

というご質問でした。

答えは結構手間がかかります。

個人クリニックの場合は、比較的簡単なのですが、医療法人の場合は手続きが煩雑です。

大きな流れとしては、まず定款変更の手続きをして、認可がおり、登記終了後に新しい診療所開設許可申請、診療所廃止・開設届、保険医療機関指定申請などの手続きをすることになります。

個人開設から医療法人を設立・開設する時のイメージに近いと考えてください。(書類は法人設立時よりは少なくて済みますが2年間の事業計画書なども必要です。)

定款変更申請、認可、登記手続き、登記完了、診療所開設許可申請、開設許可、診療所廃止・開設届、保険医療機関指定申請など、すべての手続きが完了するまでには少なくとも2カ月はみておくとよいのではないでしょうか。

認可や登記に時間がかかったり、行政から手直しなどを求められることも考えられますので、余裕をもって動くことが重要です。

まずは、行政のHPで必要な手続きや書類を確認しましょう。

できれば事前に行政の方と相談することをお勧めします。

新たな賃貸契約、内装工事、引越しなどの段取りと、行政への手続きを表にまとめ、無理のないスケジュールを組むようにしましょう。

必要書類などはこちらを参考にしてください。東京都中央区保健所

|

« 医療法人の理事である母親に理事報酬をいくら支払えばよいでしょう? | トップページ | 医業経営研鑽会のHP・ブログができました。ご覧ください。 »

医療法人」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/34736747

この記事へのトラックバック一覧です: 医療法人の本院移転は簡単にできるのでしょうか?:

« 医療法人の理事である母親に理事報酬をいくら支払えばよいでしょう? | トップページ | 医業経営研鑽会のHP・ブログができました。ご覧ください。 »