ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医業経営研鑽会の活動を開始します | トップページ | 医業経営研鑽会、教育研修会の無料体験参加を受け付けています »

2010年6月 2日 (水)

患者さんの口コミを増やすにはどうすればよいのでしょうか?

今回のご質問の答えは沢山あります。

クリニックの新患さんの来院のキッカケをアンケート調査すると、口コミが一番多いですね。(特別な診療科目はこの限りではありません。)

口コミを広げていただくことが、医業経営の発展の大きな力になります。

口コミを広げる方法、紹介資料を作って患者さんに配布をしたり、工夫をされている先生もいらっしゃいます。

先日、旅館ホテルの販売促進のコンサルティングをされている(株)乾杯・KANPAIの社長、松尾公輝さんのお話をセミナーでうかがう機会がありました。

旅館ホテルも口コミが重要な経営戦略なのですね。

お話をうかがいながら、旅館ホテルの女将さんと、クリニックの院長先生の立場は似ているのではないかと感じました。(業種は全く違いますが)

「口コミは誰が起こすのか?」

一番目、スタッフがおこす

二番目、取引業者さん

三番目、お客さん(患者さん)

このことを考えると、まずスタッフが口コミできる言葉が必要ですね。

「当院は○○○です。」

とスタッフ全員が患者さんや業者さんにお話しできる言葉です。

業者さんが応援してくれるクリニックは必ずうまくいきます。

応援してくれるような気持のよいクリニックにしていくことも大事です。

松尾さんのセミナーを企画された中山マコトさんはこのように言われています。

口コミは誰が起こすのか?

スタッフ。

取引先。

そして、お客さん

の順。

スタッフが語れるものを持っていなければ、絶対に口コミは起こらないし、取引先に届く言葉が無ければ、口コミは起こりません。

口コミとは「リレー」です。

リレーは「バトン」と共に起こります。

バトンの手渡しが出来なければ、どんなに強いリレーチームでも失格なんですよ。

わかりやすいですね。

口コミが広がる環境を作っていきましょう。

【参考】インターネットを活用し口コミをひろげる方法例はコチラ

|

« 医業経営研鑽会の活動を開始します | トップページ | 医業経営研鑽会、教育研修会の無料体験参加を受け付けています »

医業経営サポート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/35010739

この記事へのトラックバック一覧です: 患者さんの口コミを増やすにはどうすればよいのでしょうか?:

« 医業経営研鑽会の活動を開始します | トップページ | 医業経営研鑽会、教育研修会の無料体験参加を受け付けています »