ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医療法人に息子が戻ってきます。現在の診療科目とは違う科目で診療をしたいのですがよい運営方法はありますか? | トップページ | 一ヶ月後にクリニックを開院します。スタッフを採用しましたが、接遇研修をするべきでしょうか? »

2010年9月 3日 (金)

クリニックを近日開院します。将来は医療法人で運営したいと考えています。医療法人設立の時期はいつごろがよいのでしょうか?

クリニックを開院されたばかりの先生からのご質問です。

この答えは、目的や経営状況によって個別に判断をしましょうということです。

医療法人を設立される目的には大きく二つあると思われます。

一つ目は複数の医療施設や介護施設を開設するなど、けいえいの多角化を図る場合。

二つ目は財務体質を強くするため。(節税など)

この他にも事業承継、相続対策なども考えられます。

これらの目的が複雑に絡み合っているケースが多いようです。

まずは、何のために医療法人を設立するのかを明確にしましょう。

多角化が目的であれば、最初から医療法人を設立することも考えられます。

財務体質の強化が目的なら、収入・利益の状況をみて、医療法人を設立したほうが有利な時期になってから(または、なると予想される時期)に設立をしましょう。

くれぐれも注意しなければならないのは、目的もはっきりしなく、業績も明確に予測できない徐協で、根拠もなく医療法人を設立することです。

周りの方の声で、安易に医療法人を設立し、後から失敗した・・・

と言われる先生も沢山いらしゃいます。

単純に消費税のことを考えると、2年間は個人で医業を行い、3年目から医療法人を設立すると効果的です。

この方法をとると、4年間は消費税がかからないのです。

消費税は自由診療にかかる税金です。(保険診療にはかかりません。)

自由診療の割合の多いクリニックでは大変有効です。

これについては「基準期間がない法人の納税義務の特例」を参照してください。

まずはご自分のクリニックの目的、状況をみて慎重に考えましょう。

|

« 医療法人に息子が戻ってきます。現在の診療科目とは違う科目で診療をしたいのですがよい運営方法はありますか? | トップページ | 一ヶ月後にクリニックを開院します。スタッフを採用しましたが、接遇研修をするべきでしょうか? »

医療法人」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/36513687

この記事へのトラックバック一覧です: クリニックを近日開院します。将来は医療法人で運営したいと考えています。医療法人設立の時期はいつごろがよいのでしょうか?:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年9月 3日 (金) 09時07分

« 医療法人に息子が戻ってきます。現在の診療科目とは違う科目で診療をしたいのですがよい運営方法はありますか? | トップページ | 一ヶ月後にクリニックを開院します。スタッフを採用しましたが、接遇研修をするべきでしょうか? »