ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 【今日の質問】クリニックのスタッフのうち一名のみ退職金の積み立てをしたいと思います。生命保険の活用はできますか? 答えはコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックで喘息の患者さん用の枕を販売したいと思います。可能でしょうか? 答えはコチラ⇒ »

2010年12月 9日 (木)

【今日の質問】医療法人の分院の管理者が退職することになりました。本院の医師が管理者を兼ねることはできますか? 答えはコチラ⇒

医療法人の理事長先生からのご質問です。

分院の管理者である医師が退職をすることになりました。

管理者が不在になってしまうので、本院の管理者である理事長先生が管理者を兼ねることができるのか?という内容です。

【答え】

医療法12条により複数の医療施設の管理者を兼ねることはできません。

第12条 病院、診療所又は助産所の開設者が、病院、診療所又は助産所の管理者となることができる者である場合は、自らその病院、診療所又は助産所を管理しなければならない。但し、病院、診療所又は助産所所在地の都道府県知事の許可を受けた場合は、他の者にこれを管理させて差支ない。
【則】第8条
 病院、診療所又は助産所を管理する医師、歯科医師又は助産師は、その病院、診療所又は助産所の所在地の都道府県知事の許可を受けた場合を除くほか、他の病院、診療所又は助産所を管理しない者でなければならない。

医療を継続するためには後任の管理者を早く採用するようにしましょう。

分院を展開する時には、トラブルで分院の院長先生が辞めてしまうケースが多いようです。

勤務条件などを明確にし、マネジメントをきちんとできる体制を整えておきましょう。

|

« 【今日の質問】クリニックのスタッフのうち一名のみ退職金の積み立てをしたいと思います。生命保険の活用はできますか? 答えはコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックで喘息の患者さん用の枕を販売したいと思います。可能でしょうか? 答えはコチラ⇒ »

医療法人」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/38012197

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日の質問】医療法人の分院の管理者が退職することになりました。本院の医師が管理者を兼ねることはできますか? 答えはコチラ⇒:

« 【今日の質問】クリニックのスタッフのうち一名のみ退職金の積み立てをしたいと思います。生命保険の活用はできますか? 答えはコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックで喘息の患者さん用の枕を販売したいと思います。可能でしょうか? 答えはコチラ⇒ »