ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 新年おめでとうございます。ドクター総合支援センターのHPが出来上がりました。 | トップページ | 【今日の質問】医療法人を閉めるときに、残った資産は全部国や地方公共団体にとられるので、法人を続ける意味がわかりません。医療法人を早めに閉めたほうがよいのでしょうか?【答え】はコチラ⇒ »

2011年1月 7日 (金)

【今日の質問】保健所など行政機関への手続きをしなければなりませんが、忙しくて行く時間がとれません。郵送で手続きをすることはできますか?【答え】はコチラ⇒

クリニックの院長先生からのご質問です。

奥様も働いておられて、クリニック業務のお手伝いをお願いすることができません。平日は全て診療をしているので、行政機関に行くことができない状況です。

【答え】

まずは書類を郵送することで手続きが可能かどうかを確認しましょう。

どうしても書類を持参しなければならない場合は、信頼できるスタッフに手続きを依頼しましょう。

それも難しいようでしたら、外部の専門家の方などに委託しましょう。

行政手続きを行う場合、行政機関は「来所してください」と言うケースがほとんどです。

このようなケースでも、「郵送などで手続きすることはできますか?」と訊いてみましょう。

「いいですよ」と言ってくれるケースもあります。

行政機関としては手続きの不備や、書類の紛失(送った送らないなど)などのトラブルを恐れていることもあります。

書類は配達の証明ができるもの(宅急便など)で送る、書類が届いた後に不備があった場合には電話やFAXで連絡をとり、きちんと対応することなどを伝えると了承してくれることもあります。

それでも行かなければならない場合は、信頼できるスタッフに依頼するようにしましょう。

スタッフに任せられない重要な手続きなどは外部の信頼できる専門家(行政書士など)の方などに手続きの代行をお願いしましょう。

行政機関からの返信用封筒も配達記録ができるものが望ましいですね。

そんな時には日本郵便のレターパックなどが便利です。

|

« 新年おめでとうございます。ドクター総合支援センターのHPが出来上がりました。 | トップページ | 【今日の質問】医療法人を閉めるときに、残った資産は全部国や地方公共団体にとられるので、法人を続ける意味がわかりません。医療法人を早めに閉めたほうがよいのでしょうか?【答え】はコチラ⇒ »

医業経営サポート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/38371760

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日の質問】保健所など行政機関への手続きをしなければなりませんが、忙しくて行く時間がとれません。郵送で手続きをすることはできますか?【答え】はコチラ⇒:

« 新年おめでとうございます。ドクター総合支援センターのHPが出来上がりました。 | トップページ | 【今日の質問】医療法人を閉めるときに、残った資産は全部国や地方公共団体にとられるので、法人を続ける意味がわかりません。医療法人を早めに閉めたほうがよいのでしょうか?【答え】はコチラ⇒ »