ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 【今日の質問】クリニックで非常勤医師を雇用します。行政に手続きをする必要はありますか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックに院長先生とフィーリングのあわないスタッフがいます。辞めてもらうことはできるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

2011年2月 7日 (月)

【今日の質問】平成23年度税制改正で1500万円を超える給与の所得控除額が減ると聞きました。理事長の給与を減らした方がよいのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

医療法人の理事長先生からのご質問です。

来年度の税制改正で高額給与の給与所得控除が減るので、理事長報酬を下げた方がよいのでしょうか?

とのご質問です。

【答え】

個人の必要所得、医療法人の財務状況を考え、バランスをとって理事長報酬を決めましょう。

来年度の税制改正で給与所得控除が削減されると、高額報酬の方は増税になります。(給与所得1500万円を超える方

報酬額を決める時に大事な要素は、まずは個人の生活をしていく上でいくら所得が必要かということです。

増税になるからといって、安易に報酬を下げることはやめましょう。

個人のライフプラン、医療法人の事業計画などを総合的に考え、適切な報酬額を決めるようにしましょう。

尚、税制改正の給与所得控除についてはこのブログの表がわかりやすいのでご参照ください。

税制改正はまだ決定していません。最終的な判断は法案が通ってからにしましょう。

|

« 【今日の質問】クリニックで非常勤医師を雇用します。行政に手続きをする必要はありますか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックに院長先生とフィーリングのあわないスタッフがいます。辞めてもらうことはできるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

医業経営サポート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/38773910

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日の質問】平成23年度税制改正で1500万円を超える給与の所得控除額が減ると聞きました。理事長の給与を減らした方がよいのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒:

« 【今日の質問】クリニックで非常勤医師を雇用します。行政に手続きをする必要はありますか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックに院長先生とフィーリングのあわないスタッフがいます。辞めてもらうことはできるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »