ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 日本への哀れみ、そして称賛 ニューヨークタイムズからの抄訳 勇気がわいてきます | トップページ | 【今日の質問】医療法人で分院を開設したいと考えています。どのような手順が必要でしょうか。 【答え】はコチラ⇒ »

2011年3月17日 (木)

【今日の質問】クリニックの診療日を増やしたいと思います。行政への手続きは何が必要でしょうか? 【答え】はコチラ⇒

おはようございます。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

大地震の被災地では多くの方が救援や復興に全力を尽くしていただいています。ありがとうございます。皆様のご無事とご健康を心よりお祈り申し上げます。

今日のご質問は昨年クリニックを開院された院長先生からいただきました。

来院される患者さんの数が多くなりました。

待ち時間が長くなってきましたので、今まで休診にしていた日に診療をしたいと考えておられます。

必要な手続きはありますか?

という内容です。

【答え】

診療日の変更があった場合には以下の手続きが必要です。

①行政への届出
②院内掲示の変更

まず①の行政への届出は以下のとおりです。

○診療所開設届出事項変更届
○保険医療機関届出事項変更(異動)届

「診療所開設届出事項変更届」
提出先・・・主に診療所所在地の保健所
提出時期・・・変更後10日以内

「保険医療機関届出事項(異動)届」
提出先・・・診療所所在地の厚生局
提出時期・・・変更後速やかに

どちらも変更前・後の診療日を記載し、提出してください。
添付資料は原則不要です。

また意外と失念してしまうのが②の院内掲示です。

以下の事項については、来院した患者さん等利用者に対する情報提供のため、診療所内の見やすいところに掲示することが義務づけられています。(医療法第14 2

①管理者の氏名
②診療に従事する医師又は歯科医師の氏名
③医師又は歯科医師の診療日及び診療時間
④建物の内部に関する案内(病院の場合)

診療日の変更は③に当たります。

もちろん現在通院されている患者さんにも診療時間の変更について、スタッフから案内をしたり、別途案内文を作成して、アナウンスすることは言うまでもありません。

また、診療日を増やすと、新たなスタッフを採用することも考えなくてはなりません。

十分な準備をしてから診療日を増やすようにしましょう。

|

« 日本への哀れみ、そして称賛 ニューヨークタイムズからの抄訳 勇気がわいてきます | トップページ | 【今日の質問】医療法人で分院を開設したいと考えています。どのような手順が必要でしょうか。 【答え】はコチラ⇒ »

医業経営サポート」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/39260809

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日の質問】クリニックの診療日を増やしたいと思います。行政への手続きは何が必要でしょうか? 【答え】はコチラ⇒:

« 日本への哀れみ、そして称賛 ニューヨークタイムズからの抄訳 勇気がわいてきます | トップページ | 【今日の質問】医療法人で分院を開設したいと考えています。どのような手順が必要でしょうか。 【答え】はコチラ⇒ »