ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月25日 (月)

【今日の質問】医療法人でクリニックを開設しています。患者さんに治療のための器具を販売していたところ、保健所から物販をしてはいけないと言われました。クリニックで物販をしてはいけないのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

医療法人で運営しているクリニックで患者さんの治療のための器具を販売していたところ、保健所からクリニックでの物販は禁止されていると言われました。

クリニックでの物販はできないのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

医療法人で開設するクリニックで患者さんの治療のための器具を販売することは可能です。

医療法人は医療法で業務の範囲が決められています。(医療法第42条

医療法第42条では、業務に支障のない限り、定款又は寄付行為の定めるところにより、次に掲げる業務の全部又は一部を行うことができる。と定めれらています。

1.医療関係者の養成又は再教育

2.医学又は歯学に関する研究所の設置

3.第39条第1項に規定する診療所以外の診療所の開設

4.疾病予防のために有酸素運動を行わせる施設であって、診療所が附置され、かつ、その職員、設備及び運営方法が厚生労働大臣の定める基準に適合するものの設置

5.疾病予防のために温泉を利用させる施設であって、有酸素運動を行う場所を有し、かつ、その職員、設備及び運営方法が厚生労働大臣の定める基準に適合するものの設置

6.前各号に掲げるもののほか、保健衛生に関する業務

7.社会福祉法第2条第2項及び第3項に掲げる事業のうち厚生労働大臣が定めるものの実施

8.老人福祉法第29条第1項に規定する有料老人ホームの設置

この中に医療法人での物販は記載されていませんが、厚生労働省では医療法人の業務範囲をさらに細かく定めています。

その中のⅣ.附随業務には以下のように書かれています。

【開設する病院等の業務の一部として又はこれに附随して行われるものは収益業務に含まれず、特段の定款変更等は要しません。(附随業務として行うことが可能)

附随して行われる業務とは、次に掲げるものです。

①病院等の施設内で当該病院等に入院若しくは通院する患者及びその家族を対象として行われる業務又は病院等の職員の福利厚生のために行われる業務であって、医療提供又は療養の向上の一環として行われるもの。

したがって、病院等の建物内で行われる売店、敷地内で行われる駐車場業等は、病院等の業務に附随して行われるものとされ、敷地外に有する法人所有の遊休資産を用いて行われる駐車場業は附随する業務に含まれないものとします。】

これらから、クリニック内での物販は可能ですが、対象者や目的が問われることになります。

|

2011年7月19日 (火)

【今日の質問】医療法人の理事が亡くなりました。行政への手続きはどのようにすればよいでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

昨日はなでしこジャパンの優勝で明るい気持ちになりました。

暑い夏を乗り切る力をいただけました。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

先日、奥様のお父様がお亡くなりになりました。

医療法人の理事を務めていただいていましたが、行政への手続きをどのようにすればよろしいでしょうか?

というご質問です。

【答え】

行政に役員変更届けを提出してください。

その時に死亡を確認できる書類(除籍抄本等(原本)又は死亡診断書の写し)を添付してください。

また、社員総会・理事会の議事録も必要になります。

医療法人の理事の人数は最低3名必要です。(医療法第46条の2

新たに理事が必要となる場合には新任の届出も必要になりますので、ご注意ください。

東京都医療法人運営の手引

東京都届出書類の一覧表

|

2011年7月15日 (金)

【今日の質問】医療法人でクリニックを運営しています。Facebookに関心があるのですが、クリニックの経営に役立つのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

今年になってFacebookが急に注目を浴びています。

Facebookを使ってクリニック経営の活性化(患者さんの増加)を図りたいのですが、可能でしょうか?

というご質問です。

【答え】

Facebookを上手に活用すれば患者さんの増加、クリニックの活性化は可能だと思われます。

Facebookは複雑でわからないという方が多くいらっしゃいます。

一言でいうと、Facebookはホームページ、ブログ、Twitterの機能が一体化したようなものだとイメージしてみましょう。

個人のページ(一つ)と、Facebookページ(複数可)の2種類のページを作ることができます。(個人ページは見れる方が友達に限られます。Facebookページはだれでも見ることができますので通常のホームページやブログのような使い方が出来ます。)

この二つのページを上手に使い分けることによって、地域の患者さんにクリニックや先生のことをよく知っていただくことができます。

Facebookでできることは次のようなことです。(DIK好感マーケティング金子弘行さん

①コミュニケーション

②ブランディング(自分のキャラクターを知ってもらう)

③マーケティング(患者さんに来ていただき、口コミ・紹介を増やす)

個人ページでブランディングを行い、Facebookページでマーケィングを行うというイメージでしょうか。

コミュニケーションはどちらのページでもできますね。

その中でも強力なツールがターゲティング広告です。

これはFacebookユーザーに対し、属性を細分化してローコストで広告が簡単に打てるという優れモノです。

診療科目によっては強力なツールになると思われます。

地域、年齢層、性別など細かい設定が可能です。

Facebookのユーザーは日本ではまだ数百万人と言われています。

これから広く普及していくのではないかと思われます。

Facebookの特徴は実名(できれば顔写真)であるということです。

誠実で嘘をつかないということが、Facebookをうまく活用するうえでの最大のポイントとなります。

まずは個人の趣味の範囲で使ってみられることをお勧めします。

Facebookがどのようなものか、少しずつ理解できるのではないかと思います。

追伸:

フェイスブックガイド

近藤隆二のFacebook

よろしければお友達になってください。

|

2011年7月13日 (水)

【今日の質問】個人で加入していた養老保険が満期になります。満期金すべてに税金がかかるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

20年前に個人で加入した養老保険が満期になります。

1000万円の満期金になりますが、この金額に税金がかかるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

満期金すべてに税金はかかりません。

(満期金 - 支払保険料 - 50万円) × 1/2 

で計算された金額に税金がかかります。(総合課税)

生命保険の一時金は一時所得になります。

一時所得の金額は次の計算式の通りです。

総収入金額 - 収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(最高50万円)

一時所得は、その所得金額の1/2に相当する金額を給与所得などの他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

最高税率50%の先生が満期金を受け取ったとしても25%以上の税金がかかることはありません。

生命保険の満期金や保険金は契約形態によって税金の種類が違うことがあります。

契約者と満期受取人が違う場合は贈与税がかかり、税額が多額になることもあります。

新たに契約をする場合には契約形態に注意しましょう。

|

2011年7月11日 (月)

【今日の質問】医療法人の理事をしている73歳の母がアパート経営をしています。老朽化に伴い建替えを検討しています。建替資金の融資は受けられるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

医療法人の理事を務めておられる73歳になられるお母様がアパート経営をされています。

老朽化していますので耐震性に不安があり、建て替えを検討していますが資金の融資を受けることはできるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

アパートローンが利用できると思われます。

アパートローンは賃貸用のマンションやアパートの新築・購入・増改築・修繕の資金を融資してくれる制度です。

融資対象者は借入時の年齢が満20歳以上というケースが多いようです。

原則として土地を所有しているという条件がつく場合もあります。

今回のケースではアパートが建っている土地もお母様が所有されていますので、問題はないとおもわれます。

団体信用生命保険も、加入要件にはなっていませんので、健康状態もあまり気にする必要はなさそうです。

ただ、担保や保証人などは必要になりますし、借入・返済条件なども詳細を確認する必要がありますね。

多くの金融機関でアパートローンは取り扱っているようですので、信用できる会社に問い合わせをしてみましょう。

|

2011年7月 8日 (金)

【今日の質問】クリニックで紹介予定派遣のスタッフに働いてもらおうと考えています。紹介料が高額になりますが、助成金などはありませんか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

クリニックのスタッフを公募しましたが、なかなかよい人材がいません。

紹介予定派遣でスタッフを探そうと考えていますが、紹介料が高額になります。

何か助成金のようなものはないのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

「派遣労働者雇用安定化特別奨励金」という制度があります。

この制度は診療所でも受給申請をすることができます。

支給の要件は以下の通りです。

「6か月を超える期間継続して労働者派遣を受け入れていた業務に従事した派遣労働者を、その労働者派遣の期間の終了の日までの間に、無期又は6か月以上の有期(更新有の場合に限ります。)の労働契約を締結して直接雇い入れる場合。」

この奨励金の実施期間は

平成21年2月6日から平成24年3月31日までです。

受給できる金額は以下の通りです。

(中小企業に該当する診療所、期間の定めの無い場合)

①雇用日から6カ月経過後      50万円

②雇用日から1年6カ月経過後   25万円

③雇用日から2年6カ月経過後   25万円

*それぞれの時期で雇用が継続されていることが条件です。

2年6カ月雇用が継続していると100万円の奨励金をいただけることになります。

これなら紹介料の回収ができるかもしれませんね。

この奨励金は受給できる事業者などに細かい条件が設けられています。

詳細は以下のホームーページでご確認ください。

派遣労働者雇用安定化特別奨励金のご案内

*この制度は常勤のみではなく、パートスタッフ(雇用保険の被保険者となる場合)にも適用することができます。

|

2011年7月 5日 (火)

【今日の質問】個人クリニックの院長です。事業主である院長は労災に加入できないと思っていましたが、特別に加入できる制度があると聞きました。どのようなものでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は個人クリニックの院長先生からいただきました。

ご自分は労災に加入できないと思っていましたが、特別に加入する方法があると聞きました。

どのようにすれば加入できるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

労災保険の特別加入制度というものがあり、これを利用すると院長先生でも加入することができます。

この制度に加入できる方は4分類されますが、クリニックの院長先生は中小事業主等にあたります。

中小事業主等に該当する方が特別加入するためには以下の2つの要件を満たすことが必要です。

①雇用する労働者について保険関係が成立していること

②労働条件の事務処理を労働保険事務組合に委託していること

①に関しては問題はないと思いますが、②に関しては委託手数料等がかかりますので確認をしましょう。

また、保険料算定基礎額(給付基礎日額×365日)によって保険料も変わってきます。

特別加入するにはそれなりのコストが必要です。

現在加入している生命保険や損害保険、所得補償保険などでリスクはカバーできないのかを確認したうえで加入を検討するようにしましょう。

加入条件や手続きなどの詳細は以下のHPでご確認ください。

財団法人 労災保険情報センター

|

2011年7月 4日 (月)

【今日の質問】医療法人財団でクリニックを開設しています。クリニックの空室の有効利用のため、部屋を賃貸ししたいと思います。できるのでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人財団が開設しているクリニックのスタッフからいただきました。

クリニックの部屋が余っています。

有効活用のため、貸会議室として賃貸することは可能でしょうか?

というご質問です。

【答え】

空室の賃貸はできません。

医療法人(財団医療法人を含む)が医療行為の他にできる業務は医療法第42条で定められています。

収益業務は医療法第42条の2に定められている通り、社会医療法人(平成24年までは特別医療法人も)にしか認められていません。 

財団であっても一般の医療法人では収益業務を行うことは認められていませんので注意してください。

医療法人の附帯業務の拡大は厚生労働省の医療法人・医業経営のホームページで見ることができますので確認してください。

医療法人の業務範囲(平成22年4月1日現在)

|

2011年7月 1日 (金)

【今日の質問】医療法人の理事長です。医療法人の社員総会の議決権は出資額に応じて決まると聞きましたが、間違いないでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

暑い日が続きます。節電も大事ですが、健康や仕事の能率も大事です。窓を開けたり、クールビズを導入する等、上手な対策を考えましょう。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

この医療法人に社員が3名いらっしゃいます。そのうち2名が50%ずつ出資をしています。

社員総会の議決権は出資者2名が50%ずつ持っているのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

社員3名が各1個ずつ議決権を持っています。

医療法人の社員の議決権は出資していてもいなくても平等に1人1個となっています。

医療法第48条の4には

「社員は、各1個の議決権を有する。」

と書かれています。

また、医療法人運営管理指導要綱 4 社員 (3)にも

「1 社員の議決権は各1個であること。」

と書かれています。

また、その備考には

「出資額や持分割合による議決権を与える旨の定款の定めは、その効力を有しない。」

とも書かれています。

医療法人の議決権を一般の株式会社と混同しているケースが多いようです。

気をつけましょう。

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »