ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 【今日の質問】個人でクリニックを開設しています。医療法人の設立申請をしたのですが、残余財産が国や地方公共団体のものになるので、やめたほうがよいといわれました。本当でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックの診療科目に「アンチエイジング」を標榜したいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

2012年8月29日 (水)

【今日の質問】医療法人の理事をしている妻を個人型確定拠出年金に加入させたいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

医療法人の理事である奥様が個人型確定拠出年金に加入されたいとのこと。

加入できるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

個人型確定拠出年金の加入資格は以下の通りです。

企業年金等に加入していない厚生年金被保険者、国民年金第1号被保険者(自営業の方等)であれば、個人型年金に加入し、掛金の拠出を行うことができます。(60歳未満)

今回のケースでは、理事である奥様は厚生年金の被保険者で、医療法人には企業年金はありませんので、加入することができます。

また、理事長先生ご自身も加入することができます。

ちなみに、今回のケースでは月額の掛金は23,000円が限度となります。

個人型確定拠出年金は所得控除されますので、所得税・住民税の節約になります。

また、年金を受け取るときには雑所得として課税されますが、公的年金等控除が適用されます。

受給は原則60歳からですが、
60歳時点で通算加入者等期間が10年に満たない場合は受給年齢が遅れます。

個人型確定拠出年金は加入者が運用関連運営管理機関を選定します。

そして、選定した運用関連運営管理機関が提示する運用商品に関する情報をうけて、加入者自身により運用商品を選択します。

運用は自己責任で行うということですね。

仕組みを十分理解して、加入されることをお勧めします。

参考:
個人型確定拠出年金HP


|

« 【今日の質問】個人でクリニックを開設しています。医療法人の設立申請をしたのですが、残余財産が国や地方公共団体のものになるので、やめたほうがよいといわれました。本当でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックの診療科目に「アンチエイジング」を標榜したいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

医療法人」カテゴリの記事

開業医の退職金」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1188519/46863596

この記事へのトラックバック一覧です: 【今日の質問】医療法人の理事をしている妻を個人型確定拠出年金に加入させたいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒:

« 【今日の質問】個人でクリニックを開設しています。医療法人の設立申請をしたのですが、残余財産が国や地方公共団体のものになるので、やめたほうがよいといわれました。本当でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】クリニックの診療科目に「アンチエイジング」を標榜したいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »