ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月16日 (金)

【今日の質問】医療法人のクリニックを将来移転するための土地を購入します。移転するまでの間、理事長社宅を建てて理事長が住んでもよいでしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

開業医のビジョン実現ナビゲーターの近藤隆二です。

11月の中旬になって、急に寒くなりました。

風邪などひかれないよう、お気を付けください。

今日のご質問は医療法人の理事長先生からいただきました。

医療法人で開設しているクリニックを将来移転する予定です。

移転先の土地を購入し、移転までの間、理事長社宅を建築し供与してもよいのでしょうか?

賃貸料相当額を支払えばよいと聞きました。

というご質問です。

【答え】

理事長先生のみに社宅を提供することは特定の人にのみ利益を提供することになります。

理事やスタッフ全員が社宅を利用できる規定を作り、福利厚生の一環として行うようにしましょう。

医療法第54条 には以下のように書かれています。

「医療法人は剰余金の配当をしてはならない。」

理事長先生のみに社宅を提供するということはこの配当にあたるとも考えることができます。

地域によっては行政からの指導を受けることも考えられますので、注意をしましょう。

理事・スタッフ全員が利用できる社宅制度を作り、その一環として理事長社宅があるという形で運営することが望ましいと思われます。

賃貸料相当額を支払えばよいというのは、税法上の問題です。

医療法上の問題ではありませんので、ご注意ください。

参考:役員に社宅などを貸した時(国税庁HP)

今回のケースでは、将来移転をするための土地に社宅を建てるということですが、それまでの期間がどれぐらいなのかを考えて建築するかどうかを考えましょう。

また、医療法人で土地を購入した場合、その土地を駐車場などにして一般の方に貸すことはできません。

医療に関係すること以外には利用できませんので、こちらも注意しましょう。

医療法人の業務範囲は限られていますので、こちらを参考にしてください。

参考:医療法人の業務範囲(厚生労働省のHP)

|

2012年11月 6日 (火)

【セミナーのご案内】11月18日(日)【日々の診療に追われて、クリニックの経営について考えることが出来ない、このままで将来大丈夫なんだろうか?という不安を漠然と感じておられる院長先生へ!】

おはようございます。

開業医のビジョン実現ナビゲーターの近藤隆二です。

11月18日(日)14:00~16:00 東京、新宿三丁目でセミナーを開催させていただきます。

皆様のご参加を心からお待ちしております。

【8名様限定】

【日々の診療に追われて、クリニックの経営について考えることが出来ない、このままで将来大丈夫なんだろうか?という不安を漠然と感じておられる院長先生へ!】

【明るく活き活きと医療に専念する!セミナーのご案内】

【不安や焦りを感じず、ストレスもなく、日々の診療に集中できる・・・そんな毎日を送ってみたいと思いませんか?】

東京新宿三丁目 2012年11月18日(日)
会場 13:50~
開演14:00~16:00
  
当社のセミナーを受講いただいた院長先生の声

「安心した、かなり肩の荷が下りた」
「日々の診療に専念できるようになりました」
「子供たちの学費や老後の心配も解消できそうです」
「今後の目標が出来ました」

等々、明るく前向きに医療に専念できるようになったという喜びの声を沢山いただいています。

喜びの声をいただいた院長先生の共通の悩みは、漠然としたお金の不安や、将来のビジョンが見えない焦り、目標が定まらない不安があるということでした。

これを解消するには、まず医業経営・ライフプランの現状を明らかにする必要があるのです。

医業経営やライフプランの複雑で膨大な情報(財務資料・医業経営計画書や確定申告書、借入金返済表、生命保険や金融資産等々)を簡素化し一元化することで、現状が把握でき悩みを解消していただくことができたのです。

簡素化、一元化するには税務業務で必要なミクロの視点ではなく、全体的・長期的に物事を見る鳥瞰的なマクロの視点が必要になります。

今回のセミナーでは、現状を明らかにするためのポイントをわかりやすくお伝えします。ヒントをお持ち帰りいただき、明るく活き活きとした医療に専念できる環境づくりの第一歩を踏み出してください。

当セミナーは単なる節税や目先のノウハウではなく、医業経営やライフプラン・ファイナンシャルプランを考えるための基礎知識・土台の考え方をお伝えするものです。

目的・目標を持ち、医業経営やライフプランをさらに良くしたいと考えておられる先生。ご自分、ご家族、クリニックのスタッフ、患者さんが明るく活き活きとした人生を送れるようなクリニック作りを真剣に目指されている先生に是非ご参加いただきたいと考えています。

ご関心をお持ちいただけた先生は今すぐ別紙・参加申込書にご記入いただき、FAXしてください。(24時間受付中)
ご不明の点などございましたら、電話、メールでいつでもお問い合わせください。

*ご参加いただいた後、ご自分が考えておられた内容とセミナーの内容が一致していなかったと感じられた場合にはお申し出ください。参加費を全額お返しいたします。

「医業経営とライフプランの現状を明らかにするための基礎講座」

14:00~16:00

◆まずは医療法人の基礎知識を知る
◆医療法人の収益構造を知る
◆利益が出ているのに何故お金が足りないのか?・・・キャッシュフローの基礎を知る
◆医療法人設立時に必ずチェックするべきこと
 最大のポイント・・・医療法人と個人の税率の違いを知る
◆医業経営計画とライフプラン・ファイナンシャルプランを一体に考える
◆ビジョン(将来の理想の姿)がなければ何をすればよいのか解らない
◆開業医のステージ別キャッシュフローの変遷

【講師】

近藤 隆二
株式会社ドクター総合支援センター 代表取締役

開業医のビジョン実現ナビゲーター
クリニックの院外経営No.2

CFP(日本ファイナンシャルプランナーズ協会)
非営利団体医業経営研鑽会 副会長
NPO(特定非営利活動)法人相続アドバイザー協議会 認定会員
米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー

◆開催日時

平成24年11月18日(日)14:00~16:00

◆定員・参加資格

8名 開業医の先生及びその配偶者の方に限らせていただきます。

◆開催場所

新宿三丁目貸会議室 Room501-A
〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目32-10 T&Tビル・5F
TEL:03-3354-2614
URL:http://www.shinjuku-kaigi.com/

◆主催者・問い合わせ先

株式会社ドクター総合支援センター
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-9-6 東西館ビル本館 2F
TEL:03-6272-5565 FAX:03-6272-5566
当日のお問い合わせ先:090-8949-0114
mail:r.kondo@k-com.jp
ドクター総合支援センター HP
http://www.doctor-dock.jp/
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ
http://medicon.cocolog-nifty.com/blog/
様々な事例をご覧いただけます。

◆参加費

5,000円(人)

お申し込みをいただいた後、「受講費お振込のお願い」をFAXさせていただきます。
内容をご確認いただき、事前にお振り込みください。
ご参加いただいた後、ご自分が考えておられた内容とセミナーの内容が一致していなかったと感じられた場合には、お申し出ください。参加費を全額お返しいたします。

◆お申込方法

以下の申込書をプリントアウトしてFAXいただくか、電話・メールでもお申し込みをお受けしております。
ご不明の時にはいつでもお問い合わせください。

「FAX.PDF11.18.pdf」をダウンロード







 

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »