ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 【今日の質問】父親に代わり、新たに医療法人の理事長に就任することになりました。父に退職金を支払いたいと思いますが、留意点はありますか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】後継ぎがいないので、クリニックを閉院することにしました。どのような手続きが必要でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

2013年1月28日 (月)

【今日の質問】医療法人を設立する予定です。将来、父が開設している他県の個人クリニックを医療法人の分院にしたいと考えています。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

開業医のビジョン実現ナビゲーターの近藤隆二です。

昨晩は関東地方でも雪が降ったところがありました。

いましばらく厳しい寒さが続きそうです。お体にはおきをつけください。

今日のご質問は現在、個人でクリニックを開設しておられる院長先生からいただきました。

業績が良くなってきたので、医療法人を設立する予定です。

現在、他県で父親が開設している個人クリニックを新たに設立する医療法人の分院にすることはできるのでしょうか?

というご質問です。

【答え】

医療法人を設立し、他県の個人クリニックを分院にすることは可能です。

通常の医療法人の設立認可手続きは都道府県で行います。

最初から2つのクリニックを医療法人で開設する申請は理論上は可能ですが、他県のクリニックで申請する場合は、都道府県ではなく、各地域の厚生局が担当することになり、認可が下りるのに相当の時間がかかると思われます。(都道府県の認可スケジュユールに間に合わないことが予想されます。)

できれば、まず1つのクリニックで医療法人設立認可申請を行い、その後に定款変更をして、他県のクリニックを分院にする方法をおすすめします。

設立認可申請から2年以内に分院にするときには、事業計画にその予定を書いておく必要がありますので注意しましょう。

他県のクリニックを分院にすることは可能ですが、その前に目的やどのようなメリットがあるのか、分院長の勤務条件をどのようにするのかなどを十分検討するようにしましょう。

分院の管理者は理事に就任する必要があり、理事報酬は基本的には期の途中で変更することはできません。

ですので、分院の業績が良い場合、悪い場合でも一定の理事報酬を支払う必要があります。

将来のトラブルを防ぐためにも、理事就任の意味や、理事報酬をいくらにするのか、将来の報酬変更の条件、就業規則などを十分話し合って決めるようにしましょう。

|

« 【今日の質問】父親に代わり、新たに医療法人の理事長に就任することになりました。父に退職金を支払いたいと思いますが、留意点はありますか? 【答え】はコチラ⇒ | トップページ | 【今日の質問】後継ぎがいないので、クリニックを閉院することにしました。どのような手続きが必要でしょうか? 【答え】はコチラ⇒ »

医療法人」カテゴリの記事