ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 地域に立派な先生がいらっしゃるので、自分をPRすることはできない・・・ | トップページ | 【セミナーのご案内】クリニックの利益が出ているのに、お金が足りない・・・この先どうなるんだろう?と不安を感じている先生へ »

2014年5月27日 (火)

医療法人の理事である奥様の報酬は850万円未満に抑えるべきか?

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤です。

医療法人を設立されたドクターからのご相談がありました。

奥様が理事になり、理事報酬を月額100万円にしようとしたところ、社会保険労務士さんからアドバイスがありました。

奥様の年収が850万円以上になると、遺族年金がもらえなくなるので、年収はそれ未満に抑えたほうがいいですよ。

本当にそうでしょうか?

具体的に遺族年金の金額を計算してもらったところ、年間100万円弱の金額でした。

今すぐに遺族年金の支給を受けたとしても、10年余りの受給で総額1000万円余り。

これなら奥様の報酬をそのままにして、掛け捨ての生命保険にでも加入されたほうがいいですね。

物事を一つの視点だけで考えるのではなく、様々な視点で深堀して考えることが大事ですね。

|

« 地域に立派な先生がいらっしゃるので、自分をPRすることはできない・・・ | トップページ | 【セミナーのご案内】クリニックの利益が出ているのに、お金が足りない・・・この先どうなるんだろう?と不安を感じている先生へ »

医療法人」カテゴリの記事