ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« クリニックを開院する時に月給60万円の事務長を採用する | トップページ | 【お客様の声】10月19日クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー »

2014年10月16日 (木)

銀行がお金を貸してくれるので、広い場所に移転したいと思います

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックを開院されて10年ほど経った先生からご相談をいただきました。

患者さんが増え、また介護などの仕事も増えたのでクリニックが手狭になっています。

銀行に相談すると、○○○○○万円までは貸してくれるので、広い場所に移転されたいとのこと。

具体的な場所や、先生の希望を反映した図面も出来上がっています。

もう少し詳しくお話をうかがいました。

移転した時の設備投資の見込み金額、家賃など増える経費の見込み金額、現在の業績と今後の見込みなど。

これらの情報が明らかになっていなかったので、その場で情報をまとめたところ、銀行から借りられる資金はほとんど設備投資に回ってしまうということがわかりました。

家賃は今の3倍程度になり、他の経費も増えるため業績は赤字になる可能性が高いこと。

新たな事業を立ち上げたばかりで、その事業の黒字化にはしばらく時間がかかりそうなこと。

などもわかりました。

これではお金を借りても返済ができなくなる可能性があり、怖くてこの移転をすぐに考えることはできませんね。

過去の業績、現在の数字などを見て貸し出しをする傾向の銀行があります。
(もちろん、将来の事業計画をきちんとみてくれる銀行もあります。)

銀行がお金を貸してくれるので大丈夫、ではなく。

自分の事業計画、資金計画は自分できちんと考えるようにしましょう。

正しい事業計画の考え方を知りたい方は、以下のセミナーに是非おいでください。

10月19日(日)開催
【お金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー】

|

« クリニックを開院する時に月給60万円の事務長を採用する | トップページ | 【お客様の声】10月19日クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー »

医業経営サポート」カテゴリの記事