ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月22日 (月)

開院する前にブログを書きたい

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

開院のアドバイスをさせていただいているドクターに開院前にブログを書くことをおすすめしました。

初めて書くブログですので、どのように書いたらよいのか、イメージがわきません。

何を書いたらいいのだろうか?

どのように書いたらいいのだろうか?

長さはどれぐらい?

文体は?

考え出すとなかなか一歩が踏み出せません。

そもそもブログは個人の日記もようなもの。

まずは日記を書くつもりで気楽に書いてみてください。

普通の日記は人に見せるものではありませんが、ブログは人にみせるための日記。

しかし、あくまでも日記のように書く。

そのほうが読む方は、他人の日記を読む感覚があって楽しめるようです。

書くことは毎日の診療の中で感じたこと、患者さんに心から伝えたいことなどから始めてはいかがでしょうか?

そして同じことを何度書いてもいいですね。

読む人にとってはそれが最初ですから。

まずは一歩を踏み出してみましょう。

|

2014年12月18日 (木)

自院が選ばれている理由を患者さんへのインタビューで明らかにする

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤です。

開院5年目に入ったクリニックの院長先生、順調に患者さんが増え、まだまだ増えそうな気配です。

が、なぜ自院に患者さんが来てくれているのかがよくわからず、不安を感じていました。

そこで、その理由を直接患者さんに聴いてみることにしました。

スタッフが懇意にしている患者さんに直接インタビューします。

その結果、患者さんから素晴らしい答えが返ってきました。

それを院長に報告したところ、なんとなくしっくりこない感じです。

院長曰く、こんなの当り前じゃないの?

違います。

これが患者さんから見た当院の真実の姿です。

だから患者さんから選ばれているのです。

と、何度もお話してやっと、

そうか~、他のクリニックさんではこれができていないんだね~

そうです。

この真実をしっかりと受け止めて自信を持ってこれからも元気に診療をしてください。

この選ばれる理由を明らかにする方法をお伝えするセミナーを毎月開催しています。

今年最後のセミナーを12月23日(火・祝)に開催しますので、ぜひご参加ください。

詳細は以下でご確認ください。

12月23日セミナー案内

|

2014年12月12日 (金)

「木のいのち木のこころ」にみるマネジメントのヒント

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

このところスタッフに問題を感じているクライアントからご相談をいただくことが続きました。

その時に感じたのは、

スタッフはみんな一定基準以上の能力を持っていなければならない。

スタッフはみんな仲良くしていなければならない。

という価値基準を持たれている方が多いということでした。

そして、昔読んだ宮大工・西岡常一さんの「木のいのち木のこころ」のことを思い出しました。

西岡さんは世界最古の木造建築、法隆寺の「昭和の大修理」や薬師寺金堂・西塔などの再建を棟梁として手掛けた日本屈指の宮大工です。

法隆寺は建築後、千年以上たってもゆるみ・ゆがみなくそびえ立っています。

その秘密は、まっすぐで癖のない木を選んで精密な加工を施したからではありません。

西岡さんは以下のように言っています。

癖のない素直な木は弱い。力も弱く、耐用年数も短い。逆に癖の強い木ほど、厳しい環境で育っただけに命も強い。

左にねじれを戻そうとする木と、右にねじれを戻そうとする木を組み合わせると、癖と癖ががっちりかみ合って、建物全体のゆがみを防ぐとともに、時間が経つにつれてより締まって強固になる。

「塔堂の木組みは寸法で組まず木の癖で組め」

この木の部分を「人・スタッフ」に読み替えてみると違った視点のマネジメントの方法が見えてくるような気がします。

癖と個性を排除するのではなく、生かし組み合わせることで時代を耐え抜く建造物を生む。

組織の運営にも通じるものがあるように思います。

|

クリニックのスタッフの関係が悪い、どうすればいいかな?

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クライアントからスタッフの関係が悪い。どうすればいいでしょう?

とご相談をいただきました。

「経営に支障があるのですか?」

と聞くと、

「無い」

とのこと。

では、そのまま何もしないほうがいいですね。

スタッフの話をよく聞いてあげる先生ほど、問題意識を持ち、何かしなければいけない・・・

と考えがちです。

自分で問題を作って、悩んで、行動して、忙しくなって、問題をさらに大きくしている・・・

こんなパターンにはまっている方をよく目にします。

|

2014年12月 2日 (火)

【12月23日セミナーのご案内】たった3つの質問に答えるだけで、患者さんに選ばれるクリニックになる!

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

12月23日に開催するセミナーのご案内をさせていただきます。

このセミナーは開業を検討されている先生はもちろん、開業されて間もない先生、開業されて何年も経ち、さらなるレベルアップを考えておられる先生にもおすすめです。

自院がなぜ患者さんから選ばれているのかを明らかにし、スタッフと共有することでさらによいクリニックを目指しませんか?

自分の良さは自分ではわかりません。

このセミナーでは患者さんの目から見た、自院の本当の良さを探る方法をお伝えします。


【たった3つの質問に答えるだけで、患者さんに選ばれるクリニックになる!】

このセミナーで、たった3つの質問

1.自院を継続受診されている患者さんに、その理由を訊いていますか?

2.その患者さんが継続している理由は何でしょうか?

3.その理由を自分ではどのように感じますか?

に答えることで、

ご自分では気づかなかった、自院が選ばれる理由 を明らかにして、患者さんにわかりやすく伝えてあげませんか?

■このセミナーを受けられた先生からはこんなご感想をいただいています。

・患者さんは、どのクリニックが自分の悩みを解消してくれるのかわからず、しかたなく近所のクリニックを受診していることを初めて知った。

・患者さんが知りたいことが自分のHPでは伝えられていなかったことがよくわかった。

・自分が当たり前にしていたことが、患者さんには当たり前でなく、選ばれる理由だったということがわかった。

・医療の専門性だけでなく、他にも選ばれる理由があることがわかり、目からウロコだった。

・どんな患者さんに来てほしいのか、まったくイメージできていなかった。

・ここで気づいた選ばれる理由をHPや様々な媒体で伝えていきたい。

【セミナー内容】

1.クリニックを経営するとはどういうことなのか?
2.自院の真実の姿を患者さんに伝えることの重要性
3.患者さんの視点から選ばれている理由を探る(実習)
4.選ばれる理由はクリニックを元気にする

【セミナー開催概要】

■開催日 平成26年12月23日(火)祝日

■時間 14:00~16:00

■会場 JR飯田橋駅近辺の会場(お申込み後、詳細をお伝えいたします。)

■費用 5,000円(当日現金でお支払いください。)

■対象 開業医、または開業を検討されているドクターとその配偶者に限らせていただきます。  

お申し込みは簡単です。
こちらのフォームでお申込みいただくか、
12月23日セミナー参加と書いていただき、以下の事項をメールinfo@doctor-dock.jpで返信ください。
1.参加希望日 2.氏名 3.役職 4.クリニック名 5.電話番号 6.メールアドレス

これまでに開催したセミナーのお客様の声を以下でご覧いただけます。

10月25日セミナー お客様の声

11月24日セミナー お客様の声

|

【12月20日セミナーのご案内】クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

12月20日(土)にセミナーを開催します。


クリニックと家庭のお金の流れを全体的に理解して、
お金を上手に残したいな...と考えている先生へ

【クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー】

開院されて間もない先生、開院されて何年も経ち次のステップを目指されている先生、開業を検討されている先生、クリニックのお金や家計を預かっておられる奥様に最適の内容です。

セミナーの内容を以下の動画でご覧いただけます。
9月13日セミナー、ダイジェスト動画

【このセミナーに参加された先生はこんなことで悩んでおられました】

●不動産の購入や投資を勧められているが、メリットがわからず判断できない。

●歳をとりリタイアするころに、どれぐらいお金が残っているのか知りたい。

●医療法人を設立したが、税金を払いすぎているのではないかと気になっている。

●思うままに設備投資をしてきたが、このままで良いのか、他の人はどうしているのかと不安になってきた。

●子供の教育費など将来必要なお金を払うことができるか不安だ。

●知り合いの先生とお金の話をしても、本音を聞くことができず相談相手がいない。

【参加された先生のご感想】

●不動産購入や投資でお金が不足するケースが多い理由がわかった。

●お金の手残りの仕組みの図が面白く、よく理解できました。

●対策を打てば、お金の不安を解消して、診療に専念できそうだ。

●お金のことは大切だと思いながらも、放置していました。話をうかがって、 早めに手を打っておかないと後で後悔することになりそうです。

●医療法人と個人の税率の違いが大きくて驚きました。

●なぜ医院にお金が残らないのか、そしてお金を残すやりかたが明確にわかった。まずは来期から理事報酬のバランスを変更したいと思う。長期的に数千万円の差が出そうです。

●医療法人を設立した時に必ずチェックするべき6つのポイントがよくわかった。

私は20年前から医業経営者専門のファイナンシャルプランナーとして活動してきました。

その中で多くの先生が利益が出ていながらお金が不足している状況に数多く遭遇しました。

そして、ほんの少しのアドバイスだけで多くの方々が改善したのです。

その後、10年前から医業経営専門のコンサルタントとして活動を始めてからも、多くの同じようなケースを改善し続けています。

当初は特殊な事例がたまたま続いているのではないか?

と思っていましたが、そうではないことがわかりました。

収入-支払ったお金=手元に残るお金

という誤った理解をしていることが大きな原因だったのです。

このセミナーでは専門知識が無くても、手元に残るお金がいくらになるのか、簡単に解る公式をお伝えします。

【セミナー開催概要】
■セミナー内容

1.なぜクリニックの利益とお金は一致しないのか?
2.お金が不足する三大原因とは?
3.誰も教えてくれない開業医のライフステージ別お金の変遷
4.開業医がお金を残すための根本的な方法

■開催日 平成26年12月20日(土)
■時間 17:00~19:00
■会場 JR飯田橋駅近くの会場
*お申込みいただきました方には追って詳細をお伝えします。
                
■費用 5,000円(当日現金でお支払いください。)
■対象 開業医の先生とその配偶者に限らせていただきます。

ぜひご参加ください。

お申し込みは簡単です。
こちらのフォームでお申込みいただくか、
「12月20日セミナー参加申込み」と書き、
以下の事項をメールinfo@doctor-dock.jpあて送ってください。
1.氏名 2.役職 3.クリニック名 4.電話番号 5.FAX番号 6.メールアドレス

これまでに開催したセミナーに参加されたお客様の声を以下からご覧いただけます。

9月13日セミナー お客様の声
10月19日セミナー お客様の声

|

【お知らせ】11月9日、ラジオ番組に出演しました

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

2014年11月9日(日)21時~22時に放送された、

すまいるFMの「エグゼクティブ・ミュージック」に出演しました。

DJは、社会保険労務士・コンサルタントの萩原京二さん。

番組から音声をいただきましたので、ぜひお聞きください(約45分)。

会社のサービス内容

近藤の経歴や会社設立の経緯

患者さんに選ばれる理由の重要性

毎月の経営会議の重要性

今後の方針など

をお話しさせていただきました。

以下のページをクリックしていただき、

プロフィールの一番下にオーディオのボタンがありますので、そちらを押してください。

http://www.doctor-dock.jp/profile.html

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »