ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医療法人を解散したときには個人の税金はどれぐらいかかるのだろう? | トップページ | 【医業経営相談会のご案内】6月7日 2組限定 »

2015年5月29日 (金)

自分のクリニックはスタッフの人数が多すぎるのだろうか?

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックの院長先生から、

うちのクリニックの人件費の売り上げに対する割合は平均と比べて多いのでしょうか?

というご質問をいただきます。

この平均ということには、あまり意味がないことが多いですね。

同じ診療科目でも先生の治療方針・内容、医業経営の方針などによって必要なスタッフの人数は大きく変わってきます。

同じ内科でも、呼吸器内科と循環器内科では違いますし、同じ呼吸器内科でもどのような検査に重点をおいているのか、来られる患者さんの人数や重症の方が多いのかどうか、などによって必要なスタッフ人数は違ってきます。

個人のクリニックですので、必要に応じてスタッフを採用されていることがほとんどだと思います。

ですので、もし平均よりも人件費の割合が高かったとしても、スタッフの人数を減らすことはなかなか困難です。

減らせるとしたら診療方針・内容を大幅に見直す、診療の効率化を図るなど根本的な対策を打つことが必要です。

これらの改善をしている場合には、スタッフの人数はこれが必要最低限ということになります。

こんな場合には人件費の割合を気にするのではなく、これだけのスタッフを活用していかに必要な収入・利益をあげるのか。

を考えることに集中するといいですね。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーの案内はこちらから
http://www.doctor-dock.jp/seminar.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから
http://www.doctor-dock.jp/inquiry.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 医療法人を解散したときには個人の税金はどれぐらいかかるのだろう? | トップページ | 【医業経営相談会のご案内】6月7日 2組限定 »

動画ミニセミナー」カテゴリの記事

医業経営サポート」カテゴリの記事