ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« ご機嫌な状態でクリニックを経営する | トップページ | 【7月26日セミナーのご案内】三井ホーム様主催の医院経営実践ゼミナールでお話をさせていただきます »

2015年6月29日 (月)

医療法人は解散するときに国に財産をとられてしまうので意味がない。は本当か?

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

セミナーに参加されるドクターの中に、これから医療法人を設立しても解散するときに国に財産をとられてしまうので、設立しない。

という方がいらっしゃいます。

この点だけに捕われて、医療法人を活用しないと莫大な損失を被ることにもなりかねません。

現在の法律で設立する医療法人は解散するときに残余財産があれば、国や地方公共団体に財産がいってしまうということは正しいことですので、気持ちはわかりますね。

ただ、【解散】するときに【残余財産】がある場合にこうなるということです。

ということは、【解散】しない、【残余財産】がない状況であれば何の心配もないということですね。

ずいぶん先のことなので、予想できないことが多いと思いますが、少なくとも上記のような状態を計画的につくるようにすればいいのではないでしょうか。

何十年も先のことに気を取られて、目の前の莫大な税金を支払い続け、経営や生活が圧迫されるのはあまりよい選択ではないように思います。
(払った税金は特別なことが無い限り戻ってきません。)

状況にもよりますが、医療法人は計画的に上手に利用すれば大きな成果が出せる制度です。

財産が国にとられるから・・・という理由だけで設立をためらっている先生は、本当にそれでよいのか、じっくりと考えてみましょう。


当社では先生方のお悩みを解消するための無料相談をお受けしています。

ご希望の方は以下からお申し込みください。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
セミナーの情報はこちらから
http://www.doctor-dock.jp/seminar.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから
http://www.doctor-dock.jp/inquiry.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



|

« ご機嫌な状態でクリニックを経営する | トップページ | 【7月26日セミナーのご案内】三井ホーム様主催の医院経営実践ゼミナールでお話をさせていただきます »

医療法人」カテゴリの記事