ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医療法人でなくても医科、歯科を兼ね備えたクリニックは開院できる | トップページ | 集団的個別指導が入ることになったので心配です »

2015年10月20日 (火)

医療法人を設立する先生は予定納税の減額申請を検討しましょう

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

医療法人を設立される先生は、必要に応じて予定納税の減額申請を検討しましょう。

利益が出て、納税が多くなったので医療法人を設立しようと考えるドクターが多くいます。

しかし、医療法人を設立しても、お金が足りなくて困っているドクターが多いのも事実です。

税金が少なくなったのに、お金が足りなくなるのはなぜか。

最大の原因の一つは 予定納税 です。

一年で急激に所得が増えて医療法人を設立した場合、翌年の予定納税が多額になります。

医療法人を設立すると、理事長先生も医療法人から理事報酬をもらうことになります。

ほとんどの場合、理事長先生個人の所得は前年を下回ります。

理事報酬からは所得税なども源泉徴収されますので、手取りはさらに下がります。

そこに多額の予定納税の支払いが発生すると、お金が足りなくなって、納税のために借り入れをせざるを得なくなった、ということもあります。

一時的に税金をダブルで払った状態になっているのですね。

税理士の中には

「予定納税のお金は後から戻ってくるし、高い利子がつくのでいいでしょう。」

という方もいらっしゃいますが、当人はストレスが溜まりますよね。

手持ちのお金が潤沢な時は問題ありませんが、不足が予想される時には納税資金を貯めたり、予定納税の減額申請をすることも検討しましょう。


当社では先生方のお悩みを解消するための無料相談をお受けしております。
ご希望の方は以下のURLをクリックしてお申し込みください。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから
http://www.doctor-dock.jp/inquiry.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 医療法人でなくても医科、歯科を兼ね備えたクリニックは開院できる | トップページ | 集団的個別指導が入ることになったので心配です »

ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン」カテゴリの記事

医療法人」カテゴリの記事