ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月26日 (木)

ドクターにとって一般的な保険とはどのようなものでしょうか?

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

生命保険に加入したいが、一般的にはどのようなものに加入すればよいのだろう、みんなどんな保険に加入しているのだろう?

と相談をいただきました。

まず、一般的なものというものは無い、と考えるといいですね。

個別の事情によって必要な保険、適切な保険は違ってくるからです。

まず自分にとって何がリスクなのか、どんな目的で保険が必要なのかを考えてみましょう。

|

2015年11月25日 (水)

クリニックを開院する時の設備投資は要注意

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックを開院して、経営が順調に推移、利益が出ているにも関わらずお金が足りない・・・

こんなケースがよくあります。

原因は様々ですが、過大な設備投資が原因のことが多いようです。

開院の時は土地や建物、医療器械など投資額は多額になります。

本当に必要な投資なのかどうか慎重に検討しましょう。

|

2015年11月24日 (火)

クリニックを開院したら何人の患者さんを診なければならないのだろうか?

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックを開院すると一日何人の患者さんを診なければならないのか。

これを計算してみると、自分の開院計画が現実的なものかどうかがわかります。

しかし、その人数の出し方を間違えていることがあります。

どのように計算すればよいのか考えてみましょう。

|

2015年11月19日 (木)

自分の診療の様子をスタッフに聴いてみると改善点が見えるかもしれません

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックの患者さんの待ち時間が長いので、何とか改善したい。

というクリニックは多いと思います。

いろいろと努力をされてもなかなか効果が出ないこともあります。

そんな時に、スタッフに自分の診療の様子を聴いてみたドクターが居ます。

スタッフから改善できることが沢山出てきました。

|

2015年11月18日 (水)

クリニックのスタッフを社会保険に加入させるためには医療法人にしなければならないのか?

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤です。

クリニックのスタッフ確保のため社会保険に加入したい。

そのために医療法人を設立しよう。

というドクターがいらっしゃいます。

これは勘違いです。

個人クリニックの場合でも社会保険に加入することはできますので、法人の設立は慎重に検討しましょう。

|

2015年11月16日 (月)

医療法人の理事長個人が所有する土地を調剤薬局に貸せるのだろうか?

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。


医療法人の理事長個人が所有する土地を調剤薬局に貸せるのか?

というご質問をいただきました。

一般の医療法人が所有する土地を賃貸することはできませんが、個人所有の土地は賃貸することができます。

しかし、ケースバイケースで考える必要があります。

東京都の医療法人の理事長が北海道に所有している土地を何の関係もない調剤薬局に貸すことは問題はないと思われます。

しかし、理事長の医療法人が開設しているクリニックの近くに所有している土地の場合は話が違ってきます。

薬局は医療機関から独立をしている必要があります。

ここを行政がどのように判断するかによって、薬局の許可をしない可能性が考えられます。

賃貸できても薬局が開設できないのであれば意味がないですね。

このような場合は、事前に行政にその土地で薬局の開設が可能かどうかを確認してみましょう。

行政によって判断や指導の内容が違うこともありますので、具体的に相談してみてください。

【参考】

薬局等許可審査基準及び指導基準
http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/attachment/714942.pdf

薬局業務運営ガイドライン
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/iyaku/sonota/kakaritsuke.files/guide.pdf

|

医療法人を設立したのに、メリットを感じられない

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

税金が高くなってきたので、医療法人を設立した。

しかし、メリットを感じることができない・・・

というドクターがいます。

実際にはメリットが出ているにもかかわらず、悩んだり悶々としているドクターもいます。

そんな時にはメリットがあるということを目に見える形にして、意識を他のことに集中するようにしましょう。

|

2015年11月11日 (水)

医療法人の購入は慎重に検討しましょう

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

「医療法人を買いたい。」という相談をよく受けます。

これは簡単なことではありません。

医療法人の購入は様々なリスクを負いかねません。

まず、本当に購入しなければならないのか、新規の設立ではいけないのか、根本的なところから慎重に検討しましょう。

|

2015年11月 9日 (月)

【12月13日セミナーのご案内】クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

12月13日(日)にセミナーを開催します。

クリニックと家庭のお金の流れを全体的に理解して、
お金を上手に残したいな...と考えている先生へ

【クリニックのお金が不足する三大原因を知って、お金の不安を無くせるセミナー】

開院されて間もない先生、開院されて何年も経ち次のステップを目指されている先生、開業を検討されている先生、クリニックのお金や家計を預かっておられる奥様に最適の内容です。

【このセミナーに参加された先生はこんなことで悩んでおられました】

●不動産の購入や投資を勧められているが、メリットがわからず判断できない。

●歳をとりリタイアするころに、どれぐらいお金が残っているのか知りたい。

●医療法人を設立したが、税金を払いすぎているのではないかと気になっている。

●思うままに設備投資をしてきたが、このままで良いのか、他の人はどうしているのかと不安になってきた。

●子供の教育費など将来必要なお金を払うことができるか不安だ。

●知り合いの先生とお金の話をしても、本音を聞くことができず相談相手がいない。

【参加された先生のご感想】

●不動産購入や投資でお金が不足するケースが多い理由がわかった。

●お金の手残りの仕組みの図が面白く、よく理解できました。

●対策を打てば、お金の不安を解消して、診療に専念できそうだ。

●お金のことは大切だと思いながらも、放置していました。話をうかがって、 早めに手を打っておかないと後で後悔することになりそうです。

●医療法人と個人の税率の違いが大きくて驚きました。

●なぜ医院にお金が残らないのか、そしてお金を残すやりかたが明確にわかった。まずは来期から理事報酬のバランスを変更したいと思う。長期的に数千万円の差が出そうです。

●医療法人を設立した時に必ずチェックするべき6つのポイントがよくわかった。

私は20年前から医業経営者専門のファイナンシャルプランナーとして活動してきました。

その中で多くの先生が利益が出ていながらお金が不足している状況に数多く遭遇しました。

そして、ほんの少しのアドバイスだけで多くの方々が改善したのです。

その後、10年前から医業経営専門のコンサルタントとして活動を始めてからも、多くの同じようなケースを改善し続けています。

当初は特殊な事例がたまたま続いているのではないか?

と思っていましたが、そうではないことがわかりました。

収入-支払ったお金=手元に残るお金

という誤った理解をしていることが大きな原因だったのです。

このセミナーでは専門知識が無くても、手元に残るお金がいくらになるのか、簡単に解る公式をお伝えします。

【セミナー開催概要】

■セミナー内容

1.なぜクリニックの利益とお金は一致しないのか?
2.お金が不足する三大原因とは?
3.誰も教えてくれない開業医のライフステージ別お金の変遷
4.開業医がお金を残すための根本的な方法

■開催日 平成27年12月13日(日)
■時間 13:00~15:00
■会場 JR飯田橋駅近くの会場
*お申込みいただきました方には追って詳細をお伝えします。
                
■費用 5,000円(当日現金でお支払いください。)
■対象 開業医の先生とその配偶者に限らせていただきます。

ぜひご参加ください。

お申し込みは簡単です。

「12月13日セミナー参加申込み」と書き、
以下の事項をメールinfo@doctor-dock.jpあて送ってください。
1.氏名 2.役職 3.クリニック名 4.電話番号 5.FAX番号 6.メールアドレス

|

2015年11月 6日 (金)

クリニックの待ち時間の解消は一朝一夕にはできない

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックの患者さんの待ち時間が長くて困っている。

というドクターが大勢いらっしゃいます。

そして、すぐにいい方法は無いかと外に解決策を求めることが多いようです。

が、外にはよい解決策は見つかりません。

それぞれの事情によって根本原因が違います。

なので解決策も個別に考える必要があるからです。

まずは、そのための時間をとってみてください。

|

2015年11月 5日 (木)

【お客様の声】11月3日セミナー たった3つの質問に答えるだけで患者さんに選ばれるクリニックになる!

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤です。

今日は11月3日に開催したセミナー

「たった3つの質問に答えるだけで患者さんに選ばれるクリニックになる!」

にご参加いただいた先生の声をお届けします。


今回は開院されて数年以上経ったのクリニックの先生にご参加いただきました。

先生方のお話をうかがい、患者さんに選ばれること以外にも多くの悩みを抱えておられることがよくわかりました。

フリートークでは、クリニックの就業規則についてのお悩みが多かったです。

よい雰囲気のクリニックにするには、スタッフが明るく働ける環境づくりが欠かせません。

そのためにはちゃんとした就業規則を作っておくことが重要ですね。


【神奈川県 H.M先生】

Q1.セミナーに参加する前にどのようなことで悩んでいましたか?今回のセミナーに参加された目的、明らかにしたいことは何でしょうか?

A1.
・今後どのような方向に進むことがスタッフ、患者さんにとってベストであるか?

・客観的に患者の視点から考えられるようになりたい。

Q2.今日のセミナーで学ばれたことは何でしょうか?一番印象に残った話は何でしょうか?

A2.
ものの見方には非常に多様性があり、一つの事について実に様々な意見、見方があるということを特に「他己紹介」で実感しました。

Q3.今後、実践してみたいことはありましたか?それは何でしょうか?

A3.
スタッフからの患者さんに対するヒアリングは是非実施してみたいと思います。

Q4.その他ご自由にお書きください。

A4.
今後ともこの様なセミナーがあれば是非参加させてください。



【神奈川県 N.O先生】

Q1.セミナーに参加する前にどのようなことで悩んでいましたか?今回のセミナーに参加された目的、明らかにしたいことは何でしょうか?

A1.
年間 1,000人の新患の方が来られるが、月々の患者さんは800~900
選ばれないクリニックの理由は何か?

Q2.今日のセミナーで学ばれたことは何でしょうか?一番印象に残った話は何でしょうか?

A2.
クリニックで専門性を打ち出すことは、まさに自己満足であることがわかった。
ビジネスである以上、地域に根付き、選ばれることに専念しようと考えた。

Q3.今後、実践してみたいことはありましたか?それは何でしょうか?

A3.
やはりあきらめる事も大事だと思いました。
増患より、再診しない方をどうやって来てもらうか?

Q4.その他ご自由にお書きください。

A4.
クリニックの専門性を高めれば、どんどん設備投資をしないといけなくなるが、ビジネス的にはうまくいくのだろうか?

次回のお金に関するセミナーはアレルギー総合学会と重なってしまいます。
その次のご案内をお願いします。

|

2015年11月 4日 (水)

何だか疲れたな・・・と感じ始めたら院長先生の仕事の仕方を見直す時期かもしれません

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

クリニックの院長先生の仕事はハードです。

朝から晩まで診療をして、夜や休日に業務を行い、お金やスタッフのマネジメントもしなければならない。

休む間もなく働いて、ある日突然倒れてしまった・・・

などという話をよく耳にします。

何だか疲れやすくなってきたな・・・と感じたら仕事の仕方を見直す時期なのかもしれません。

|

2015年11月 2日 (月)

パートドクターを採用したら、忙しさはかわらず利益が減ってしまった・・・

こんにちは。

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。


患者さんが増えて、診療が大変になった。

パートドクターを採用して、少し余裕を持てるようにしよう。

という先生は多いのではないでしょうか?

しかし、安易に採用すると忙しさは変わらず、利益は減ってしまうなどということにもなりかねません。

採用をする前に、じっくりと全体像を考えましょう。

当社では先生方のお悩みを解消するための無料相談をお受けしております。
ご希望の方は以下のURLをクリックしてお申し込みください。
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・無料相談のお申し込みはこちらから
http://www.doctor-dock.jp/inquiry.html
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »