ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 医療法人の購入など、手段に囚われることの危険性 | トップページ | 開業医はどれだけ生命保険に入らなければならないのでしょうか? »

2016年1月29日 (金)

1月31日締切【ドクターのための無料生命保険相談サービス】のご案内

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。


今日は【ドクターのための無料生命保険相談サービス】のご案内をさせていただきます。

サービスの対象は医師とそのご家族です。

申込みは【1月31日までの期間限定】ですので早目にお申し込みください。


これまでドクターのコンサルティングをさせていただく中で、生命保険のご相談も多く受けてきました。


そんな先生方は生命保険のことでこんな悩みをお持ちでした。

◆その保険が良い物かどうかもわからないまま、言われたまま加入しているので不安だ。

◆加入している保険が将来役に立つのかどうかもわからない。

◆多額の保険料を払っていて、お金が苦しい。保険料を払うために働いているのではないか・・・と感じている。

◆利益が出たらとりあえず納税の先送りということで保険加入をすすめられる。とりあえず先送りは納得できない。

◆個人と医療法人で保険に加入しているが、無駄や不足が無いのか気になる。

◆医療法人を設立したが、どのような保険に加入すればよいのか、どれくらい加入すればよいのかわからない。


コンサルティングを受けていただいた後、先生方からは以下のような声をいただいています。

◆今後の医業経営や個人のライフプランを考えながら生命保険の加入状況を確認することができ、目的や金額に問題が無いことがわかりました。心配を解消できました。

◆生命保険の加入状況、目的を確認でき、どの保険を残すのか、どの保険をいつやめるのかがわかりました。「安心した。かなり肩の荷が下りた」というのが正直な感想です。

◆長年、医療法人で保険に入るべきかどうか迷ってきたのですが、わかりやすい説明で納得のいく契約を結ぶことができました。


私は1992年~2004年まで生命保険会社で勤務をしました。そこで、多くの方が目的を明らかにしないまま生命保険に加入していることを知りました。

その結果、無駄な保険に加入していたり、過大な保険に入ったり、保証額が少なすぎたり等、目的を達成できない、保険料が有効活用できていない等の望ましくない状況が多く発生していました。

ドクターは一般の方々よりも高額の保証を必要とすることが多く、生命保険料も高額になります。その高額の保険料を無駄にせず、有効に活用するためには医業経営やライフプランを踏まえて目的を明らかにし、それに応えることができる適切な生命保険に加入する必要があります。


このサービスをご活用いただき、現状が良いのか悪いのか、修正する必要があるのか、今のままでよいのかを明らかにして、生命保険の心配・不安を解消してください。

【サービス内容】

保険証券、決算書などを見ながら、ヒアリングをさせていただきます。
その後、生命保険加入一覧表を作成し、現状の説明と今後の対策のアドバイスをさせていただきます。
その他、生命保険に関する疑問にお答えします。

【価格】

無料

通常はコンサルティング料をいただいていますが、できるだけ多くの先生にご利用いただきやすいように今回は無料にさせていただきました。

その理由は2つあります。

1つ目の理由:
私は生命保険の相談をお受けする時にも医業経営とドクターの人生の両面から考え、適切なものかどうかを判断させていただいています。
まずは私のコンサルティングがどのようなものか体験いただき、実際に効果を感じていただき、その中で何人かの方は継続してコンサルティングを受けていただけるのではないかと考えています。

2つ目の理由:
医療を取り巻く環境は毎年厳しくなってきています。その中でお金を有効に使い、無駄なく残していくことは医業経営にとっても個人の生活にとってもたいへん重要なことです。
このサービスをご利用いただくことで、生命保険料の有効活用をしていただき、医業経営、人生の両面で充実した先生を少しでも増やしたいと考えています。
もう少し早く課題を明らかにし、対策を打っておかれれば良かったのに・・・と感じるケースが大変多いのです。

【お申込期限】

平成28年1月31日

【お申込み方法】

【無料生命保険相談サービス申し込み】

と書いていただき、

以下の事項をメールinfo@doctor-dock.jpあて送ってください。

1.氏名 2.役職 3.クリニック名 4.電話番号 5.FAX番号 6.メールアドレス
  

お申し込みをいただいた後、スケジュールなど詳細の相談をさせていただきます。

|

« 医療法人の購入など、手段に囚われることの危険性 | トップページ | 開業医はどれだけ生命保険に入らなければならないのでしょうか? »

当社サービス・商品」カテゴリの記事