ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« クリニックの経営に病院勤務の経験を活かす | トップページ | 個人開設クリニックの開設者・管理者は別人でよいのか? »

2016年4月27日 (水)

認識のギャップは院長とスタッフの関係性を悪くする

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

院長先生とスタッフの関係性が悪くなってしまったクリニックがあります。

その原因はいろいろあると思いますが、その一つに認識のギャップがあります。

院長先生は何でもないと思っていることが、スタッフにとっては重大なことだったりするのです。

もちろん、院長先生の方が客観的に見て正しいことが多いのですが、中には認識を変えた方がよいこともあります。

認識のギャップがたくさん重なってくると、院長先生がスタッフから信頼されなくなり、コミュニケーションがとりづらくなる危険性があります。

こうなると関係性を修復することが困難になります。

そうなる前に、スタッフとの認識のギャップがないかどうかを確認するようにしましょう。

|

« クリニックの経営に病院勤務の経験を活かす | トップページ | 個人開設クリニックの開設者・管理者は別人でよいのか? »

医業経営サポート」カテゴリの記事