ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

« 月次決算をしていないクリニックへのアドバイスは難しい | トップページ | 【書籍のご案内】改訂版 医療法人の設立・運営・承継・解散 医業経営研鑽会 »

2016年4月19日 (火)

父親のクリニックを医療法人化して引き継ぐときの注意点

ドクター総合支援センターの近藤隆二です。

個人クリニックを医療法人を設立して子供に承継しようと考えているドクターがいます。

この時に単純に節税できるかどうかのみシミュレーションをして設立すると、後から家族間のトラブルになる危険性があります。

個人クリニックで現院長の配偶者や新院長の兄弟に給与を払っていた場合、新院長は自分自身の報酬を始め、父親、母親、兄弟の給与も払わなければならないことも考えられます。

単純な節税シミュレーションのみでなく、医療法人を設立したのちの具体的な運営を考えて法人を設立するのか、医業を承継するのか判断しましょう。


|

« 月次決算をしていないクリニックへのアドバイスは難しい | トップページ | 【書籍のご案内】改訂版 医療法人の設立・運営・承継・解散 医業経営研鑽会 »

ドクターのライフプラン・ファイナンシャルプラン」カテゴリの記事

動画ミニセミナー」カテゴリの記事

医療法人」カテゴリの記事