ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

株式会社ドクター総合支援センター
ドクターよろず相談所 開業医のためのお悩み解消ブログ

「開業医って孤独だよな…相談相手もいないし」と思っている先生のために、さまざまな事例をご紹介しています。お悩みのことがありましたら、お気軽にご質問ください。

MS法人

2011年9月30日 (金)

【今日の質問】MS法人の社長をしている夫に医療法人の理事になってもらいたいと思います。可能でしょうか? 【答え】はコチラ⇒

こんにちは。

ドクターよろず相談所の近藤隆二です。

今日のご質問は医療法人の理事長先生(女性)からいただきました。

理事長先生はMS法人(医療法人との取引なし)をお持ちで、ご主人がその会社の代表取締役をされています。

このたび、ご主人が医療法人の理事に就任する予定ですが、可能でしょうか?

というご質問です。

【答え】

医療法人と取引のないMS法人の場合、代表取締役が医療法人の理事になることは可能です。

医療法第46条の2第2項には医療法人の役員の欠格事項が以下のように書かれています。

次の各号のいずれかに該当するものは、医療法人の役員となることができない。

1.成年被後見人又は被保佐人

2.この法律、医師法、歯科医師法その他医事に関する法令の規定により罰金以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から起算して2年を経過しない者

3.前号に該当する者を除くほか、禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなるまでの者

また、厚生労働省の医療法人運営管理指導要綱 2 役員 (3)適格性 備考には以下のように書かれています。

・医療法人と関係のある特定の営利法人の役員が理事長に就任したり、役員として参画していることは、非営利という観点から適当でないこと

医療法人と取引のない(関係がない)法人の役員であれば、役員として参画することは可能です。

関係のある法人の場合はこの限りではありませんので、ご注意ください。

|

2009年9月10日 (木)

セミナー反省会

先日開催したMS法人セミナー。

講師の税理士、西岡先生と反省会をしました。

といっても硬いものではなく、居酒屋で一杯やりながらです。

参加いただいいた方や、残念ながら参加できなかった方々からご感想をたくさんうかがうことが出来ました。

知りたかった情報が得られて、頭がすっきりした。

現在作っているMS法人が無駄だということがわかった。

スタッフの退職金制度を検討していたところなので、助かった。

役員退職金の積立て方法で何がよいのかよく理解できた。

などなど、ありがたいお言葉をたくさんいただくことができました。

今回のセミナーはテーマを絞りましたので、ご満足いただけたのではないかと思います。

日々のコンサルティング活動の中で、お客様からたくさんのご質問をいただきます。その中からお客様が困っておられることは何かを考え、何ヶ月も内容を検討した甲斐がありました。

お客様に本当に役立つ情報、真実の情報をお伝えしていくことが我々の役割だと考えています。

次回のセミナーのテーマもビールを飲みながら相談しました。

これから内容をじっくりと詰めていきます。

テーマが決まりましたらまたご案内をさせていただきますので、お楽しみに。

|

2009年8月28日 (金)

セミナーに参加できなかった先生とお会いしました

先日開催したセミナー。

お申込みいただき、参加費のお振込みもしていただいたにもかかわらず、ご事情で参加できなかった先生がいらっしゃいます。

当日の資料は送らせていただくのですが、資料だけではよく理解できないことも考えられます。

ご要望に応じて、ご説明にあがらせていただいています。

今日は神奈川の県央の先生にお会いしました。

セミナーの資料をお渡ししますと、早速ページをめくりはじめられました。

ポイントの部分について、的確なご質問が飛んできます。

約15分でセミナーの要旨をご理解いただけたようです。

というよりも、既にご存知のことが多く、聞いたことがない、知っていることと違うことだけご質問をされたのです。

ものすごく勉強をされている先生です。

感じたことをそのままお伝えすると、大原簿記から勉強したからね~

とのこと。

頭が下がりました。いつ勉強されたのでしょうか?

医療法人の活用はもちろん、MS法人の設立も考えておられます。

単なるMS法人ではなく、新たな事業を展開するための戦略的な法人です。

目的が明確なMS法人ならOKですね。

|

2009年8月27日 (木)

セミナー参加者へのご挨拶

セミナー「MS法人にして本当によかったんですか?」

にご参加いただいたお客様にご挨拶にうかがいました。

お手伝いをさせていただいているお客様ですので、本音のお話をうかがうことができました。

結論

MS法人は安易に作ってはいけない

医療法人がMS法人を作り取引をしている実例、3件のデータも見ていただきましたが、全てMS法人が無いほうが税額は少なくてすんでいました。(当面はマイナスでも将来的に大きなメリットが出るケースもありました)

税額アップに他のコスト、運営の手間を考えると意味がないのかな?

と思いますね。

しかし相続税対策や医療法人で行えない事業を行うなど、明確な目的を持って運営すればメリット(当面の税額の問題だけではなく)が出ることもあるのです。

まずMS法人ありき・・・

ではなく、解決すべき問題は何なのか、目的は何なのかをじっくり考え、そのために有効な対策を考えることが重要です。

MS法人も目的を達成するための一つの手段に過ぎず、役に立つのであれば設立をすればいいですね。

お客様とこんなお話が出来、気分よく一日を終えることが出来ました。

感謝!!

|

2009年8月24日 (月)

セミナー「MS法人をつくって本当によかったんですか」ご報告

8月22日(土)セミナーを開催しました。

多くの方々にご参加いただき、誠にありがとうございました。

テーマはMS法人の基礎知識と活用方法、MS法人・医療法人の退職金についてでした。

質疑応答の時間では多くのご質問をいただき、質問というよりも個別相談の様相を呈していました。

セミナー終了後も講師に個別の相談が次々とあり、参加者の方々の関心の高さがうかがえました。

ご質問や個別相談をお受けして感じたことは、一つの疑問はそれだけでは完結せず、有機的に様々な問題とつながっているということです。

一つの質問にお答えすると次々と関連する質問が出てきました。

疑問から出発することもよいのですが、ある目的があり、それを解決するにはどのような対策を打てばよいのか?

というような全体的な問題解決のアプローチが大事だと感じました。

これからも皆様のお役にたてるセミナー開催やお手伝いに全力を尽くしてまいります。

|

2009年8月22日 (土)

今日はセミナーの日です

今日は東京国際フォーラムでのセミナーの日です。

テーマは「先生!MS法人をつくって本当によかったんですか?」

日々の活動の中で開業されているドクターの方々がお知りになりたいテーマに絞りました。

おかげさまで多くの方に参加をいただける予定です。

今、会社で準備中ですがだんだん緊張感が増してきました。

今日は全力でお役にたてる情報をお伝えします。

|

2009年7月31日 (金)

消費税から考える医療法人、MS法人の設立時期

近い将来、消費税が上がる可能性がありますね。

医療法人、MS法人を設立するときには消費税のこともよく考えておきましょう。

医療法人の場合、社会保険医療や介護保険サービスなどは非課税になりますが、自由診療などには課税されます。

MS法人の場合、土地の譲渡や貸付、居住用の住宅の家賃などは非課税ですが多くの取引には課税されます。

まずどのような診療、事業を行うのか。どのような売上が発生し、課税売上がいくらになりそうかを把握することが第一歩です。

課税売上が1,000万円を超えない事業者は消費税の納税義務が免除されているからです。

1,000万円を超える可能性が高い場合は、医業や事業を個人事業として始めて、2年後に法人化すると大きなメリットが得られます。

1,000万円を超えたかどうかは今年の売上高ではなく、2期前の売上高(基準年度)で判定されるのです。(今年の売上が1,000万円未満でも基準年度が1,000万円を超えていると課税されます)

ということは法人を作っただけで、2年間は得できるわけですね。

個人事業から法人にするなら、最大4年間の免税も可能です。(法人設立の時期によってはこの限りではありませんのでご注意ください。)

ただし、純資産額、資本金が1,000万円以上の場合には売上高に関係なく即課税事業者になってしまいますのでご注意ください。

消費税だけが法人設立のポイントではありませんが、状況によっては大変大きなメリットが出ますので、チェックしてみてください。

|

2009年7月10日 (金)

個人開業の先生の退職金制度

個人開業の先生の退職金制度に小規模企業共済という制度があります。

これは個人事業主や小規模企業の経営者のためのお国の退職金制度です。掛け金は全額経費になります。(上限月額7万円)ただ、医療法人を設立した場合にはこの制度は利用できなくなってしまいます。医療法人設立を考えていられる先生は注意が必要です。法人設立まで1年以上ある先生で、利益が出ている先生でしたら、すぐに加入されるといいかもしれません。(細かい条件によって利用しないほうがよいことも考えられますので、詳細は以下のURLでご確認ください。)

http://www.smrj.go.jp/skyosai/000876.html

大変よい制度なのですが、従来は事業主の配偶者や後継者は加入することができませんでした。

この加入条件を緩和し、配偶者や後継者を事業主の「共同経営者」として位置付け、加入できるようにする法案が現国会に提出されているようです。

ぜひ法案を通していただきたいですね。

この情報は確定しましたらまたこのブログなどでご案内させていただきます。

|

2009年5月22日 (金)

MS法人の税務調査

クライアントの医療法人に定期訪問をさせていただいた時のこと。

怖い話をお聞きしました。

MS法人の税務調査、追徴課税のお話でした。

理事長先生のご友人の医療法人に税務調査が入りました。この先生はMS法人を持たれていて、社長はお身内の方がなっておられます。医療法人との取引も相当の額があり、社長に対する報酬も多額だったようです。

でもこのMS法人はいわゆるペーパーカンパニーで業務の実態はありませんでした。

このような場合、医療法人からMS法人に支払ったお金は寄付金、MS法人社長の報酬は過大役員報酬としてその全部または一部が売上と判断されることが多いようです。

そうなるとどうなるのでしょうか。

医療法人とMS法人双方に課税が追加で発生します。過少申告加算税、延滞税などもかかると思われます。悪質な場合には重加算税が課税されることもあるのでしょうか。

税務調査の結果はお聞きになっていないようですが、もしこのような判断を下された場合、数千万円の追加支払になる可能性があるとのことでした。

MS法人は状況次第では大きな力になることもあるのですが、安易な節税のために利用することは大変危険です。

この不況の時代、利益が安定して出ている医療法人は格好の標的にされる可能性も考えられます。

MS法人の設立・活用は明確な目的を持ち、十分検討をした上で行いたいですね。

*ここに書かれた税務情報は概要です。詳細につきましては顧問の税理士さんにご確認ください。

|

2009年5月15日 (金)

医療法人がいいのか、MS法人がいいのか

開業されて3年経過。順調に業績があがっているクリニックの先生からご相談をいただきました。

広告もしていないのに、初年度から大きな利益が出ました。

ご多聞にもれず、こんなに税金がかかるのか!

と、ご苦労をされています。

主にMS法人について教えて欲しいとのことでした。先生のお考えをうかがうと、関心事は税金のこと。新たな事業展開や、相続対策は考えておられないとのこと。

MS法人は一般の法人で、税率が医療法人より高いこと。消費税がかかる可能性があること。業務の実態がないと税務上の否認をされる可能性があることなど、コストやリスクの情報をお伝えしました。

医療法人については解散時に財産が国や地方公共団体にとられてしまう・・・この一点が気になっておられるようでしたが、医療法改正後も医療法人の設立は相当数行われていること。きちんとした運営方法をとることによってリスクは回避できることなどをお伝えしました。

お話をしていく中で、ご子息が既に医師として勤務をされていて、将来開業をされるご予定があること。先生とは別の診療科目、場所も遠隔地になる可能性があることなどをうかがいました。

このケースでは医療法人を設立し、内部に効率的に資産を留保し、将来のご子息の開業時の資金にあてる。理事長は段階的に先生からご子息に移行していく方法が効果的ではないかとお話をさせていただきました。

単純に医療法人がよいのかMS法人がよいのかという議論は無意味で、目的や個々の環境によってどのような方法が効果的なのか・・・ということを考えることが重要だとのことを再認識しました。

|

より以前の記事一覧